年間行事


新春報恩会

年明けの第1日曜日には、帯広第二別院で新春報恩会が厳修されます。

住職に1年の指針となるご法話を頂き、それを受け目標を立て、新年を出発する場となっています。

この模様は、各寺務所に同時配信され、合同で参詣します。



写経会

『1年の計は元旦にあり』と言いますが、海命寺信徒は毎年1月上旬に行われる写経会で、1年の抱負を明確にして成就させるため、写経会を行います。

参加者全員で読経した後、心静かに般若心経を写経します。



仏生会

仏教の始祖であるお釈迦様のご生誕を祝う日として、毎年4月上旬に行われる仏生会。

花まつりとも言われ、花御堂(はなみどう)を設置し、香水に見立てた甘茶を誕生仏に掛けてお祝いします。

お釈迦様は生まれてすぐに7歩歩いて、右手で天を、左手で地を指して、『天上天下唯我独尊』と唱え、生きとし生けるものは全て、お釈迦様の誕生を祝福したと伝えられています。



真身舎利塔ご開帳祭

真身舎利(しんじんしゃり)とは、お釈迦様の御遺骨を意味します。

その御遺骨が納められた塔が、真身舎利塔です。

海命寺の真身舎利は、ミャンマーのテタム タイ テト寺院に納められていた由緒のはっきりしたものです。

海命寺では、年に1度初夏にご開帳祭が厳修され、間近で拝顔(はいがん)することが出来ます



秋の彼岸会

お彼岸は、日本独自の文化です。

海命寺では、毎年9月中旬に秋の彼岸会を厳修します。

お彼岸は、中日をはさみ7日間、ご先祖の供養と共に、自らが此岸(今生)から彼岸(霊界)に渡るための修行の期間とされています。

彼岸会は、海命寺信徒のみならず、どなたでも参詣することが出来ます



海命寺の活動

海命寺は、『明るい家庭づくり』をテーマにしています。

私たちの命のルーツであるご先祖を敬い、供養することによって、現世利益を実現し、延いては子孫繁栄を願い活動しているお寺です。


家系図講演会

『人生と縁』と題し、吉田法性執事長を講師に、不定期に開催しています。

家系図を読み解くことで見えて来る人生との縁を、吉田執事長が分かりやすくお話下さいます。

参加者からは、「今まで悩んでいたことの解決策が分かった」「人生に希望の光が見つかった」などの声を頂いています。



青年部

海命寺の教を学び、日常生活に活かし実践する青年のグループです。

仏教の基本を学ぶ研修会を始め、お料理教室やBBQなどを行い、親睦を深めています。

海命寺の次世代を担う、希望の星です。

現在は、兵庫支部と東京支部に青年部があります。